看護師 国家試験

看護師の国家試験

看護師になるには、一般的には二つの方法があります。
一つが正看護師としての資格を取得することであり、もう一つが準看護師としての資格を取得することです。
今回は正看護師の資格を取得することについて記していこうと思います。
正看護師の資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。
その名も、看護師国家試験という試験で、厚生労働省の医政局が管轄しています。
受験資格としては、文部科学大臣の指定した学校教育において看護師になるために必要な学科を収めて卒業した者、およびその他の3年以上該当学科を収めた者に対して受験資格があります。
もちろん、このほかにも受験可能に該当するものとしては準看護師になっており3年以上業務に従事してきたものが受験可能となっております。
ここで、準看護師の方は主に国家試験では無く都道府県が与えている資格になります。
このように、特に正看護師になるには国家資格を合格しなければ正式になることはできませんし、看護師としてのキャリアアップを図ることはできません。
もちろん、最初から正看護師を目指すのもありですが準看護師からでもなることはできます。

オススメの看護師転職サイトに登録しましょう!

利用者満足度は96.2%と抜群の対応力!高待遇の求人ならお任せ!
24時間電話対応!今なら転職された方に転職支援金最大12万円プレゼント!
看護師人材紹介2年連続顧客満足度第1位!転職成功者全員に最大10万円プレゼント!

>> ランキングはこちら <<