看護師 日常業務

看護師の日常業務

看護師の日常業務がどんなものかご存知でしょうか?
看護師の日常業務はハードだといわれていますが、実際にはどんな看護師の日常業務をおくっているのでしょうか?
看護師の日常業務はまず朝のカンファレンス(申し送り)から始まります。
患者さんの状態などを夜勤の看護師から聞き取り、情報交換をすると同時に業務を引き継ぎます。
その後入院患者のお世話がはじまります。
入院患者のお世話は多岐に渡り、バイタルサインの確認から食事の介助、風呂の介助、別途メイキングから点滴、薬の服用まですべて看護師の仕事です。
これらの仕事を6〜8人分を一人の看護師で担当します。
その他にも外来や手術の準備や手伝いも行います。
また、ナースコールがあればそれに応じなければいけません。
これだけでも看護師の日常業務がかなりハードであることがわかりますが、さらに夜勤も存在します。
看護師の人数が少ない職場では夜勤のシフトも多くなってしまい心身の健康を損ない原因にもなってしまいかねないほどの激務です。
しかし、看護師の日常業務はハードではあるものの、とてもやりがいのある仕事です。

オススメの看護師転職サイトに登録しましょう!

利用者満足度は96.2%と抜群の対応力!高待遇の求人ならお任せ!
24時間電話対応!今なら転職された方に転職支援金最大12万円プレゼント!
看護師人材紹介2年連続顧客満足度第1位!転職成功者全員に最大10万円プレゼント!

>> ランキングはこちら <<