看護師 役職

看護師の役職

看護師の役職名は、病院によって微妙に変わる場合もありますが、言葉は違ってもほぼ同じ意味で使われてるケースが多いです。
例えば、大きな病院は、病棟や科ごとにそれぞれ担当する看護師が部署分けされていますね。
それぞれの科の看護師のまとめ役としてナース長や看護師長・その補佐として副看護師長と呼ばれる存在がいます。
そして、それら各科に存在する看護師長の上にたつ総看護師長が立てられます。
一般企業と同様の呼び名の役職として「主任」という立場の看護師もあります。
主任は看護師長のひとつ下の役職となり、いわゆる中間管理職となります。
看護師長になるために特別な資格が必要となるわけではありません。
勤続年数が長く、「看護師のほとんどが若いナースである」という状況の中で、自動的に繰り上がりで看護師長を任命されるというケースもあります。
大きな病院の場合は看護師も多く、勤続年数の長さだけで看護師長を選ぶには選択肢が多すぎるという状況になるので、ここで「認定看護師」や「専門看護師」といった特殊な資格を持った看護師のほうが選ばれやすくなるのです。

オススメの看護師転職サイトに登録しましょう!

利用者満足度は96.2%と抜群の対応力!高待遇の求人ならお任せ!
24時間電話対応!今なら転職された方に転職支援金最大12万円プレゼント!
看護師人材紹介2年連続顧客満足度第1位!転職成功者全員に最大10万円プレゼント!

>> ランキングはこちら <<